鉢栽培のパパイヤ 越冬準備

今年は庭での地植えと鉢栽培の2株パパイヤ(パパイア)を栽培しています。

パパイヤはホームセンターで買ってきた「ハワイオウロ」という矮性の品種です。

当方の関東地方ではそろそろ霜が降りる時期なので地植えのほうは枯れてしまうでしょう。

一方鉢栽培のパパイヤは何とか越冬できないかと考えています。

かなり大きめの鉢に植えたので運ぶのが重くて大変でしたが、2階の窓際で越冬することにしました。

鉢栽培のパパイヤは残念ながら1つも実がなりませんでした。

ただ、今頃ですが、小さなつぼみを見つけました。

部屋の中なので最低気温10度は確保できると思います。

うまく越冬できたら来年は地植えにしようと思います。

一方、地植えのパパイヤはここのところ比較的暖かいせいかまだ元気です。

丸いパパイヤがなっています。

ほったらかしの割りにはよく出来たほうかもしれません。台風が来なかったのも大きいと思います。

こちらは2m以上になっていて鉢栽培とは全く生育が違いますね。

初霜が降りるまでに収穫したいと思います。

せっかくここまで大きくなったのでもうすぐ枯れてしまうのはなんか惜しい気がします。

まぁ、道行く人が夏場にどんどん生長していくパパイヤをみて興味を持ってくれたので栽培して良かったかなとは思います。


家庭菜園の雑誌も読み放題!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする